記憶の残滓 by arkibito

「マジメにアソブ、マジメをアソブ」をモットーに、野山を駆け、コトバを紡ぎ、歌う。

2018Gパトの夏 白馬2週目2日目 天狗に猿??

白馬2ターン目の2日目。

毎日あちらこちらと精力的にパトロールしているせいで

そろそろ方々行きつくしてきました。

この日はガスガスの天気だったのだけど、

ちょっと足を延ばして天狗山荘方面へ。

 

f:id:arkibito:20180812093237j:plain

 

杓子岳を通過し、白馬鑓の急所を上り詰めて、

反対側へなだらかに下る。

鑓温泉の分岐もあたりまできても、

分厚いガスはいっこうに晴れず。

こんな天気なので、ちょいちょい雷鳥が顔を出します。

そして天狗山荘へ。

この夏は改装工事中で山荘の宿泊不可、

テン場と売店のみの営業でしたが、

たくさんの人が周辺で休憩をしていました。

 

f:id:arkibito:20180812094545j:plain

f:id:arkibito:20180812095942j:plain

f:id:arkibito:20180812100615j:plain

 

時間はちょうどお昼でパン弁当をいただきます。

このまま天狗ノ頭まで足を延ばそうかと

クマさんと相談したのだが、

ずっとこのガスガスは晴れそうにもないし、

無理せず戻ることにしました。

鑓温泉の分岐辺りに来ると、

ガサゴソと周囲が騒がしいので、

さっきの雷鳥が仲間でも連れてきたかなとみてみると、

なんと猿の群れ。

ええ?こんな標高2500m以上の稜線まで登ってくるの?

彼らは高山植物の芽を食べたり、

時には雷鳥のヒナを襲ったりするので、

高山の環境を脅かす存在ではあるので、

あまりいい状況ではありませんが、

とはいえ彼らも野生動物として守られているので、

簡単に駆除できるものでもない。

まあ今ここで出くわしても、そもそも手など出せませんが。

実に平然と、当たり前のようにくつろいでいる様は

色んな意味で山の困った現実でした。

さっき見た雷鳥さんたちに危害が及ばなければいいけど。

 

f:id:arkibito:20180812104903j:plain

f:id:arkibito:20180812105405j:plain

f:id:arkibito:20180812105437j:plain

f:id:arkibito:20180812105256j:plain

f:id:arkibito:20180812104829j:plain

 

カレカレの斜面を登り返し、白馬鑓まで戻ってきました。

今回の山行でこの頂に来るものこれでラスト、

あいにくガスガスで、ちょっとしぶき始めていましたが

お決まりの記念撮影。

また来ます。

 

f:id:arkibito:20180812111810j:plain

 

白馬鑓の急所を下って、杓子岳との間のコルに下りる。

ここは格好の休憩ポイントなのだが、

岩場の裏に多数のゴミや排せつ物があり、

それらを掃除。

自分の出したごみは持ち帰りましょう。

 

f:id:arkibito:20180812115935j:plain

f:id:arkibito:20180812120947j:plain

 

少し早めに小屋へ帰還。

ガスガスで体が冷えたのもあり、

レストランでもつ煮。

なんだかんだとレストランのメニューもほぼほぼ制覇です。

こういう環境で一番のエンターテインメントはやっぱり飯ですな。

 

f:id:arkibito:20180812130936j:plain

f:id:arkibito:20180812145226j:plain

f:id:arkibito:20180812145337j:plain

 

もちろん、そのあと晩ごはんもしっかりいただきました。

食後はやっぱりギターを。

ちょいちょいと気になって、

集まってくれるスタッフさんも増えてきて、

あれ弾ける?とかリクエストをいただくように。

手持ちの曲がどんどんなくなるので、

電波の調子のいいうちにリクエストの曲を検索かけておいて、

翌日に披露して、という感じで、

毎日楽しくさせてもらいました。

 

f:id:arkibito:20180812195125j:plain

 

つづく・・・ 

2018Gパトの夏 白馬2週目1日目 闇テンはだめよん

さてさて、ブログ版もいよいよ大詰めとなってきました。

再び白馬に帰ってきて2ターン目のはじまり。

 

f:id:arkibito:20180811062907j:plain

 

午前中は旭岳方面を軽くパトロール

雷鳥さんに出くわしたり、

雪上で困っているセミを見つけたり。

いったん山荘へと戻りお昼ごはん。

 

f:id:arkibito:20180811095429j:plain

f:id:arkibito:20180811100707j:plain

f:id:arkibito:20180811101453j:plain

f:id:arkibito:20180811114619j:plain

f:id:arkibito:20180811121927j:plain

 

午後からは雪倉岳方面へ。

鉱山道くらいまでの一帯をパトロール&整備。

15時ごろに三国境まで戻ってきて、

周辺を掃除したり、遅れ気味の登山客の皆さんの応対。

 

すると、こんな時間から、

三国境を雪倉方面へとスルスルと抜けていこうとする

2人組がいたので、呼び止める。

今から朝日小屋までは相当あるし、

日没には間に合わないよと伝えると、

悪びれもせずに雪倉避難小屋でテン泊すると言う。

中部山岳国立公園内では、

指定地以外でのテント泊は行為は禁じられているし、

避難小屋も緊急時以外に原則宿泊はできない旨を伝える。

この日はおそらく主のシューコーさんが詰めてるはずだから、

きっと到着したらこっぴどく怒られるよと、

やんわりと白馬山荘への宿泊を勧める。

しかも、この2人組は、翌日、朝日小屋をスルーして、

翌日から栂海新道を抜けるようだったが、

この日照りでどこの水場も枯渇気味で、

手持ちに十分な水分を用意していないなら、

なおさら、無人小屋で夜をしのぐだけではなく、

ちゃんとした小屋で今一度準備を整えないと、

無理なプランでは命取りになるよともアドバイス

実際彼らは水場を甘く見込んで、

縦走に十分な分量を持っていませんでした。

我々は強制的に止めることはできませんから、

あとはご自分たちの判断に委ねますとお伝えすると

1人は明らかに不満そうでしたが、

もう1人はやっぱりそうかあ、

安全に行った方がいいなあと納得してくれ、

そのまま白馬岳へ向けて上がっていってくれました。

あまりこういう役回りもトラブルの元なのでしたくないのですが、

目撃してしまった以上は、無視するわけにもいかないし、

声くらいは掛けないと。

幸い素直に応じてくれたので事なきを得ました。

 

f:id:arkibito:20180811155815j:plain

f:id:arkibito:20180811141905j:plain

f:id:arkibito:20180811152004j:plain

f:id:arkibito:20180811160143j:plain

 

無事に小屋に帰還して晩ごはんはハヤシライス。

食後は、昨日別れたシェルパのヌルジイの似顔絵を描き描き。

 

f:id:arkibito:20180811191206j:plain

 

f:id:arkibito:20180811081308j:plain

 

つづく・・・

2018Gパトの夏 再び白馬へ

あれよあれよという間に、

2クール目の朝日小屋駐在も終わってしまいました。

これから再び白馬山荘を目指し、そこでまた1週間。

あとは下山前に1泊だけ再びこの小屋に泊まる予定ですが、

おしまいはあっという間にやってきますね。

寂しい。

 

f:id:arkibito:20180810054419j:plain

f:id:arkibito:20180810054603j:plain

 

いつものようにお客さんの朝食のお手伝いを済ませ、

みんなそろって朝ごはん、のちにラジオ体操。

別れを惜しんでスタッフのみんなと

写真をパチパチやってたら、

いつの間にやら出発時間を大幅に過ぎてしまいました。

 

f:id:arkibito:20180810062535j:plain

f:id:arkibito:20180810062856j:plain

f:id:arkibito:20180810062941j:plain

f:id:arkibito:20180810064348j:plain

f:id:arkibito:20180810062905j:plain

f:id:arkibito:20180810070706j:plain

 

例にならってバンザイポイントで、バンザイ。

みんな目いっぱいのバンザイを返してくれて、

何だか目柱が熱くなってしまいます。

 

正直、これほどまでに朝日小屋が恋しくなるほど、

皆さんと仲良くなって、大切な場所になるなんて、

入山前には予想できませんでした。

だって、事前に、色々な人から

朝日小屋は厳しいよ~という声があって、

過去には大トラブルで大変だった年もあったなんて聞いて、

戦々恐々としてたくらいなんですから笑

確かに、厳しいことも多々あります。

でもそれは厳しい自然環境の中で、

時には判断の誤りが取り返しのつかない

命取りになることだって多々あるような環境の中で

みんなが助け合って暮らしていかなくちゃいけないのだから。

そして北アで、いや日本でトップクラスの

おもてなし自慢の小屋としての自負も

その厳しさにこそ芽生えるものなのだと。

そして、その厳しさを越えたところの

優しさだったり、思いやりだったりを、

少なくとも自分は大いに感じることができたのです。

 

班によっては、2,3日で

小屋から小屋への移動をしながらの任務ですが

朝日・白馬班は、朝日と白馬の2か所で1週間×2ターンずつと、

長期滞在する、このスタイルも自分には合っていたのだと思います。

本当にラッキーですね。

 

一週間経てば、またここに戻ってくる。

いや、これから恐らく何年経っても、

きっとまたいつでもここに戻ってくる。

そういう場所なんだと、

どんどん小さくなる赤い三角屋根を見ながら思いました。

 

f:id:arkibito:20180810070828j:plain

 

さてさて、名残を惜しみつつ、水平道をひた進みます。

ガッパ隊の工事もほぼほぼ終了しつつあり、

真新しい木道をトコトコと快適に進みます。

途中の資材置き場に、

シェルパの皆さんへのメッセージを

ネパール語で書いて挟んでおきました。

フェリ ベトウラ!!

 

f:id:arkibito:20180810080847j:plain

 

水平道を過ぎ赤男山を巻くくらいからは、

結構風が強く、ガスガスになってきました。

最低鞍部から、いよいよ大きくそびえたつ雪倉岳への上り。

うっすら寒いくらいなので、

登りもオーバーヒートにならず順調そのもの。

でも思ったよりも登りが続いて、

最年長ペアもお疲れモード。

 

f:id:arkibito:20180810091407j:plain

f:id:arkibito:20180810092532j:plain

f:id:arkibito:20180810094131j:plain

 

ようやく山頂が見えてくると、

せわしなく動く赤い影が2つ。

カメちゃんと姫!!

一週間ぶりです。

山頂で休憩をしつつ、色々と1週間の情報交換。

むむむ、なにやら白馬では色々あったようです。

まあ、とりあえず元気でなにより!! 

 

 

f:id:arkibito:20180810094833j:plain

f:id:arkibito:20180810101622j:plain

 

せっかくなので山頂付近をパトロール

すると岩の合間にトウヤクリンドウが咲いています。

まだ8月の頭だというのに、

早くも秋の訪れです。

 

f:id:arkibito:20180810102321j:plain

 

カメちゃん&姫と健闘をたたえ合ってお別れし、

我々は避難小屋方面へと下っていきます。

やけに騒がしいなと思ったら、

脇から雷鳥ファミリーご一行様。めっちゃおる。

 

f:id:arkibito:20180810101833j:plain

f:id:arkibito:20180810101845j:plain

 

 

f:id:arkibito:20180810103209j:plain

 

30分足らずで雪倉岳避難小屋まで下ってきました。

周辺を確認したりゴミのチェックをしたりしましたが、

すでにしっかり者のカメちゃんたちがきれいにしてくれていました。

すぐにリスタートして、鉢ヶ岳を巻いていきます。

前回通過した時よりも、

斜面を横断する雪渓は小さくなってはいましたが、

そのせいで若干難易度が上がっているような部分もあり、

慎重に抜けていきます。

前回と同じく、鉱山道の分岐の先の見晴らしのいい広場でお昼ごはん。

相変わらずゲンコツよりも大きいおにぎりに元気をもらう。

 

f:id:arkibito:20180810105026j:plain

f:id:arkibito:20180810113658j:plain

 

リスタートして白骨のような山肌を黙々と踏みしめていきます。

ちょうど前方では、NHK班のみなさんが先行しているのが見えます。

どうにか三国境まで到達して、一息。

リスタートして、その先の岩場で、またまた雷鳥さんご一行。

本来はなかなか出会うことのできない希少な鳥のはずですが、

今回はもう一生分見たかもしれないというくらいの遭遇率。

何度見ても可愛らしいけどね。

 

f:id:arkibito:20180810121514j:plain

f:id:arkibito:20180810132811j:plain

f:id:arkibito:20180810132240j:plain

f:id:arkibito:20180810132248j:plain

 

そうして1週間ぶりに白馬岳山頂を踏みしめます。

そして白馬山荘に到着して、

スタッフの皆さんにただいまのご報告。

やっぱり同じ山小屋でも、

朝日と白馬では色々カルチャーショックを受けますね。

とにかくびっくりするくらいの人の数と、

規模の大きさにびっくり。

あと、標高が朝日小屋よりも500mほどあがったことで、

こちらはずいぶん寒く感じます。

 

f:id:arkibito:20180810133230j:plain

 

出発が遅れた分到着も夕方になったのですが、

夕食の時間まで自由時間。

自分は甘いものを欲してレストランでたまらずケーキ。

んまい♪

あとはお絵かきタイム。

 

f:id:arkibito:20180810140808j:plain

f:id:arkibito:20180810163857j:plain

f:id:arkibito:20180810163913j:plain

 

夕食タイムでは、

若いスタッフらに、

ああ歌のGパトさんいるやん!と声をかけられたり。

ありがたや、ありがたや。

 

f:id:arkibito:20180810182553j:plain

 

ということで、再び白馬での1週間が始まります。 

 つづく・・・

2018Gパトの夏 朝日2週目6日目 はっぴいばーすでー

さて、早いもので朝日小屋での2クール目もいよいよ最終日。

翌日には出発して再び白馬山荘へと赴いて1週間そこで任務をこなし、

最終下山に再びここに1泊します。

気が付けば、この山暮らしももうおしまいが近づいてきました。

入山までは、何にがどうなるか全く予想できませんでしたが、

素晴らしいパートナー、素晴らしい山の人達、

素晴らしい天気に恵まれ、

本当に楽しい山暮らしが続いています。

 

f:id:arkibito:20180809044110j:plain

f:id:arkibito:20180809054223j:plain

 

この日も下界は雲海がびっしりと広がって、

上空はスッキリとした青空。

午前中は小屋の仕事に従事して、

おやつには誰かのお土産の上等なカステラ。

そのあと昼まではのんびり自由時間。

お別れも近いのでプレゼントにニマさんの似顔絵を描いたり。

 

f:id:arkibito:20180809061838j:plain

f:id:arkibito:20180809091520j:plain

f:id:arkibito:20180809105852j:plain

 

昼ご飯を食べて、

昼以降もこの日は小屋のお手伝いに忙しく。

夕方まで少し長い休憩があり、

仕事再開までにウネちゃんとギターの練習。

ちょうどこの日、小屋スタッフのYさんがお誕生日。

何かできないかと2人で思案した結果、

バースデーケーキはさすがに無理だけど、

その代わりにバースデーかき氷をプレゼントしよう!

ということになり、

前朝日の斜面に残っている雪渓まで登って行って、

掘り返して綺麗な氷を取ってくる。

 

f:id:arkibito:20180809130334j:plain

f:id:arkibito:20180809131052j:plain

 

そのまま渡してもアレだし、

せっかくギターがあるのだから、

2人でお誕生日の歌を披露して、

ドッキリを仕掛けることに。

そのためにはもう一人協力者が必要なので、

ちょうど昼寝から起きてきたKさんに作戦を打ち明ける。

氷は黒蜜と抹茶きな粉があるので、それでデコレーション。

これで準備万端!!

休み明けのスタッフミーティングに

皆が集まってきたタイミングで

ウネちゃんと二人でギターを弾きながら、

ハッピバースデーYさん♪と氷とともに登場。

みんなびっくらぽんとなっていましたが、

一生の思い出に残る誕生日ですと言ってもらって、

サプライズ大成功!!

でも、動画撮りたいからもう一回出てきてと言われて、

2回目出てくるのはちょっと恥ずかしかった@@

氷はほかのスタッフの分もどっさりと採ってきたので、

みんなで黒蜜ときな粉をかけておやつにいただきました。

 

f:id:arkibito:20180809135141j:plain

f:id:arkibito:20180808143504j:plain

 

この日は終日小屋のお手伝いに従事して終了。

晩は水餃子なべ。

食卓には「よもじい辛いのん」という謎のゲキ辛調味料があって

毎晩、誰かがヒーハー言っているのだが、

ほんのひとつまみで全身に電気が走る。

この晩もあちらこちらでヒーハーと猛威を振るっておりました笑

自分はあれこれスパイスは詳しいし、

辛いもの好きで色々食べていますが

これより辛い食べ物はなかなかないよっていうくらいの超危険物。

 

f:id:arkibito:20180809170033j:plain

f:id:arkibito:20180809170036j:plain

f:id:arkibito:20180809180124j:plain

 

晩ごはんを終えると、

ちょうどいいタイミングで夕暮れ。

あまりの光景にスタッフみんな飛び出す。

翌日、我々が発つのと同時に、

ガッパ隊の方々や休暇に出る人で下山する人もいて、

お別れに写真大会。

みんな大好きだぁ。

 

f:id:arkibito:20180809183426j:plain

f:id:arkibito:20180809184246j:plain

f:id:arkibito:20180809184308j:plain

f:id:arkibito:20180809184339j:plain

f:id:arkibito:20180809184253j:plain

f:id:arkibito:20180809201157j:plain

 

ということで、いよいよ明日は、

再び白馬を目指します。 

 つづく・・・

2018Gパトの夏 朝日2週目5日目 シェルパの心意気

さてさて2クール目の朝日も5日目となり、

残りわずかとなってきました。

引き続き元気よく参りましょう!

この日は、雲海がびっしりと横たわって、

なかなか壮観!

 

f:id:arkibito:20180808053221j:plain

f:id:arkibito:20180808053239j:plain

 

工事の人達の出勤を見送って、

我々は午前中は小屋のお手伝いとテン場の整備。

お昼ごはんは、カレー!!

 

f:id:arkibito:20180808071330j:plain

f:id:arkibito:20180808104130j:plain

f:id:arkibito:20180808105733j:plain

 

午後からパトロールに出かけます。

昨日と全く同じ個所で雷鳥ファミリーと遭遇。

ひょこひょこと出てきますねえ。

朝日岳の山頂はこの日も平和そのもの。

ここもホイップクリームのような雲海が一面に広がっております。

 

f:id:arkibito:20180808122523j:plain

f:id:arkibito:20180808125058j:plain

f:id:arkibito:20180808125437j:plain

f:id:arkibito:20180808124725j:plain

 

この日も直登コースをずいーっと下って、水平道へ。

この間ずっと工事していたガッパ隊のみなさん、

ついに真新しい木道が 分岐の辺りまで伸びてきました。

余り作業の邪魔になってはいけないのだけど、

みなさんからやってみる?ということだったので、

木材の運搬やら、杭打ちをさせてもらいました。

いやあ、1本70~80kgもの角材(しかも雨や朝露で濡れるとさらに重くなる)を

足場の悪いところをかつぐのは、

そら、もう、かなりの重労働。

杭打ちもぶっといハンマーで的確に打ち抜くのは大変。

ちょっと試しにやっただけで、びしゃーっと汗が出るこの作業を、

シェルパのみなさん、不平不満も漏らさず、

いつも笑顔で、歌を歌いながら、丁寧に仕事される。

彼らがなぜ日本にやってきてこんな仕事をしてるかといえば、

日本人はいわゆる3Kな仕事を嫌うし、

稀に来ても長続きしないからだそうです。

今回の山暮らしの中で、

シェルパの皆さんの謙虚さや献身ぶり、

その朗らかな人柄にいつも触れることができ、

人として学ばなきゃいけないことを

たくさん教わったように思います。

そして山の安全や暮らしはこういう人たちによって守られている。

 

f:id:arkibito:20180808134829j:plain

f:id:arkibito:20180808135025j:plain

f:id:arkibito:20180808135402j:plain

f:id:arkibito:20180808135140j:plain

f:id:arkibito:20180808135345j:plain

f:id:arkibito:20180808135513j:plain

f:id:arkibito:20180808135715j:plain

f:id:arkibito:20180808135713j:plain

 

皆さんより一足早く我々は小屋へ戻ります。

真新しい木道をトコトコと。

V字谷のところの新道も大方できていて、

2日前には1か所だけ大きな段差があったところも、

ちゃんとした階段状に整備されて歩きやすくなっていました。

 

f:id:arkibito:20180808142502j:plain

f:id:arkibito:20180808145042j:plain

f:id:arkibito:20180808150005j:plain

 

この日の晩は焼き肉パーリー♪

ただでさえ大酒飲みのみなさん、

日本酒もビールもこの日はガンガン大放出。

 

f:id:arkibito:20180808190717j:plain

f:id:arkibito:20180808175908j:plain

 

ガッパ隊のシェルパとは別で、

小屋のお手伝いの一人にニマさんがいます。

いつも厨房で皿洗いのパートナーとして、

大体横並びで作業していて、

お互いカタコトの英語と日本語とで

コミュニケーションを交わすのだけど

すぐに大の友達に。

お茶目で、でも照れ屋なニマさんは小屋の縁の下の力持ち!

 

f:id:arkibito:20180808164502j:plain 

 

それにしても写真、顔が真っ黒だな。

つづく・・・ 

 

2018Gパトの夏 朝日2週目4日目 雷鳥ファミリー&NHKご一行

2クール目の朝日小屋4日目。

この日は体調不良の方が出て、朝からバタバタ。

ヘリが来るというのでお手伝い。

テン場に残っている人を誘導して、小石やゴミを拾う。

具合の悪いお客さんをそちらへと誘導し、

飛ばされないように一緒に待機。

じきにヘリがやってきて、

あとは隊員さんに引き継ぎ撤収。 

 

f:id:arkibito:20180807051811j:plain

f:id:arkibito:20180807055848j:plain

 

午前の早いうちは小屋の手伝いをして、

それからお弁当をもらって、パトロールに出かける。

朝日岳へ登って、中腹の雪渓が残っている辺りで、

何やらゴソゴソ。

雷鳥の親子がひょっこり。

お母さん鳥が必死に誘導して、

登山道をまたごうとするのだが、

ヒナたちは勝手気ままで、全然後をついてこず、

途中で双方見失って、

しきりにお母さんが鳴き声で知らせている。

その様子をずっと見ていると、

荷物をデポしたところにお母さんが出てきてしまい、

そこにずっと居座るものだから、

こっちが身動きできず笑

雷鳥も人間も、子育てって大変。

 

f:id:arkibito:20180807104308j:plain

f:id:arkibito:20180807110139j:plain

f:id:arkibito:20180807131912j:plain

f:id:arkibito:20180807132902j:plain

f:id:arkibito:20180807133850j:plain

f:id:arkibito:20180807143052j:plain

 

そのあと、ようやく山頂へたどり着き、そこでお仕事。

大昔の山行のゴミが一部露出しているところを発見してしまったので

出来るだけ清掃します。

缶詰の空き缶やら、古くなって半分腐ったビニールなどを、

クマさんと二人で大格闘して、

たくさんのゴミを回収できました。

 

小屋へ帰還し、夕食のお手伝い。

この日の晩御飯は、な、な、なんと手巻き寿司!!

本当に至れり尽くせりで、恐るべし朝日小屋!!

そしてこの日から数日小屋に滞在される

NHKの取材の方々と、山岳ライターの小林千穂さんのご一行も

ご飯を一緒にします。

栂海新道の取材だそうで、あの長く険しい道を登ってきたところ。

数日後には白馬岳まで行かれるそうです。

食後には、先日のヘリで荷物のオマケでついてきたスイカ!!

 

f:id:arkibito:20180807174714j:plain

 

f:id:arkibito:20180807175155j:plain

f:id:arkibito:20180807175148j:plain

 

f:id:arkibito:20180807184343j:plain

f:id:arkibito:20180807184408j:plain

 

週末、それも連休ともなれば、

小さな小屋なので大忙しとなりますが、

なにせどこから登っても遠い遠い朝日の地ですから、

平日ともなれば平和な日々が続きます。

つづく・・・

2018Gパトの夏 朝日2週目3日目 肌寒の長栂山

朝日2クール目の3日目。 

この日は若干、肌寒い。

毎朝のニュースでは今日も記録的な暑さが

全国的に猛威を振るうので注意と呼びかけ、

天気コーナーでも信じられない気温が表示されているが、

全くそれが実感できないほど。

みんなテレビでそれを見るたびに、

へえ、はあ?という感じ。

 

f:id:arkibito:20180806060011j:plain

f:id:arkibito:20180806071140j:plain

f:id:arkibito:20180806081004j:plain

 

この日はお弁当をこさえてもらって、

栂海新道方面へパトロール

アヤメ平辺りまで行ってくる予定でしたが、

ガスガスで吹上のコルの辺りから、強烈な北風。

無理はせず行けるところまで行くことにして、

長栂山の広い広い山上まで。

 

 

f:id:arkibito:20180806084108j:plain

f:id:arkibito:20180806085256j:plain

f:id:arkibito:20180806090325j:plain

f:id:arkibito:20180806091949j:plain

 

この一帯はグリーンロープが広く張られているのだが、

かなり緩んでいたり、ところどころ紛失して途切れていたりするので

今日はそれらの整備に費やす。

持ってきたハンマーで杭を打ち直し、

そこにロープを巻き付けて、しっかり張ってを繰り返す。

ロープワークも研修の際に学んだが、

パートナーのクマさんが

日頃からロープワークしていることもあり、

作業は順調に進む。

それでも全部の作業を終えるのに1時間以上かかった。

 

f:id:arkibito:20180806095405j:plain

f:id:arkibito:20180806101203j:plain

 

作業を終えて吹上のコルまで戻り、

そこで美味しい美味しいお昼ごはん。

朝、戦場の様に忙しい厨房で、

しっかりと我々の分のお弁当まで作ってくれる。

ありがたや、ありがたや。

 

f:id:arkibito:20180806115318j:plain

 

せっかくなので蓮華方面も少しだけパトロールしてのち

小屋へ帰還。

この日はずっと風が強く、日差しもなくて、

肌寒かったのもあってか、

夕食はキムチ鍋!!

まさかこんなものまで山の上で食べられるなんて!!

美味しい料理で自慢の朝日小屋だからこその役得。

それにしても毎日毎日いろいろな種類の工夫されたお料理が

食べられるのは、おなかの空く山の上では特にありがたいけれど、

それを毎日考えて、作ってくれるスタッフの皆さんには

本当に感謝しかありませんね。

 

 

 

f:id:arkibito:20180806122645j:plain

f:id:arkibito:20180806181612j:plain

f:id:arkibito:20180806185446j:plain

f:id:arkibito:20180806185501j:plain

f:id:arkibito:20180806204857j:plain

 

この日は夜も若干ガスガス気味。

出も全然雨は降らなくて、水不足が心配だなあ。

つづく・・・