記憶の残滓 by arkibito

「マジメにアソブ、マジメをアソブ」をモットーに、野山を駆け、コトバを紡ぎ、歌う。

日々のこと

岐阜攻め 岐阜城&犬山城

またまた時間を巻き戻して、3月の事。 長女とのしまなみチャレンジの大成功も束の間ですが、 中学校生活が始まるまでの間に、 もうひとつやっておきたいことが。 この1年ほど、長女が歴史、それも戦国時代に大変興味を持ち、 なんでかは何度理由を聞いても理…

岡山ポタ 倉敷&児島

4月初旬のこと。 奥さんのお誕生日があるのだけど、 彼女はあまり物欲がなく、 毎年プレゼントに何をあげてよいか悩みどころ。 今年も間際までプランがなく、困っていたのだが、 いつも同じお店でセレクトするのも変わり映えがしないので、 今年は別の所でと…

子連れツーリング しまなみ海道

3月の事。 長女が無事に小学校を卒業しまして、 中学校入学の合間まで少しの自由な時間。 中学に入ると、 勉強だけでなくクラブ活動や色々なお付き合いなどで 忙しい日々に入ってしまうので、 小学校のうちにやっておきたいチャレンジとして 前々から温めて…

三田村管打団?春!桜!「絹う研」ミーティング 合言葉はソーシャル・レジスタンス!!

4月の頭。 おととし初めて参加して、ものすごく幸福で印象深く、 素晴らしい春の思い出となった 絹延橋うどん研究所での三田村管打団?ライブ。 去年もとてもとても待ち望んでいたのだけど、コロナの影響で、 やむなく中止になってしまい、本当に残念でした。…

Music Life 弾き語りセレクション みんなのうた60

2021年4月で、NHK教育テレビの『みんなのうた』が祝60周年! 誰もが一度は聞いたことのある曲、さまざまな時代を彩ってきた曲、 小さい頃から音楽に触れることのできる貴重な機会として、 長く愛されてきた番組です。 自分も、子供の時分に番組を通じて様々…

音楽劇『プラネタリウムのふたご』 at 梅田芸術劇場

こちら、2月に戻ってのお話。 本当は2020年に上演されるはずが、 コロナによって1年延期になって、 いよいよ満を持して開催された 音楽劇『プラネタリウムのふたご』を鑑賞しに、 梅田芸術劇場へ。 原作は大好きないしいしんじさん。 いしいさんの作品はどれ…

春ポタ & 毛馬閘門

まだ大物記事が2つ3つありますが、体力が続かないので。 先にこちら。4月のお話。 健康診断結果がよくなかったのを、 意外とずっと気にしていて、コロナ対策をしつつも、 今年はできるだけ健康重視、運動志向でいきたいなと。 とはいえ筋トレとか柄でもない…

ちょいと岩湧山

こちらも3月の話。 健康診断の結果が軒並み悪くなっていて、 もちろんコロナの影響大なのですが、 一番大きいなあと感じているのは、 自宅勤務となって、通勤がなくなったこと。 自分は人よりも良く歩く方で、ここ5年以上は、 平日でも平均1万歩以上で、 そ…

最果タヒ展 at 心斎橋パルコ

最果タヒ展。言葉の質量、その重さあるいは軽さについて。わたしが吐息のように吐いた誰にも届くはずのなかった言葉たちが、冬の空気に触れて凍りついたとしたら、きっとこんなだろうか?あの人の、わたしの、誰かの感情のカケラが宿る言葉の森に、あなたの…

雪解け伊吹山

こちらも2月某日。 久々にお山ということで、おなじみの伊吹山へ。 毎年はお正月辺りに行くのだけど、 今年は出控えをしていたこともあり、1か月ちょい遅くなりました。 その間にすっかり暖かい日も続いたり、雨が降ったりで、 残雪はいかばかりかというとこ…

大友良英 guitar and turntable Solo at 京都メトロ

2月に戻って。 京都メトロでの大友さんのソロ。 コロナの影響で、もっとも翼をもがれた音楽業界。 ボロボロになった羽でも、低空飛行ででも、 飛び続けなくてはならない。 リスクを最小限まで抑える努力を懸命にしつつも、 音楽も自由もあきらめない。 音楽…

みそづくり

こちらも記事前後します。 例年より少し遅くなりましたが、 家族でみそづくり。 今年も福岡の椛島商店さんの米麴を手配して、 段ボールいっぱいに届いた大豆をまずは一晩水に浸し、 たっぷり水分を吸わせます。 豆の形がぷっくりとなるくらい水を吸わせたら…

子連れツーリング 西淀・尼ポタ

記事前後しますが、3月某日。 長女と久しぶりにツーリング。 そんなに遠出はできないのだけど、どこがいいかと聞いたら、 海!ということでそちら方面へ。 海へ行くならばならば、 淀川左岸線でほぼ一本道で舞洲へ行くのが常だったのだけど、 すでに高速道路…

厄除参り + ちょっと寄り道

2月の話。 2021年に入ってからというもの、 ついてないないことや小さな不幸が立て続けで、 モチベーションも上がらず、ずっと低空飛行を続けていた。 コロナも含めて、2020年より2021年の方が、 色々と厳しい1年になると覚悟はしていたものの、 しょっぱな…

ご卒業

公私ともに色々と忙しく、また花粉由来の体調不良などで まーーーーったくブログに手が回りません@@@ となんやかんやしている間に、 上の娘さんが無事にご卒業されました。 春からは地元から少し離れた中学校へ、自ら選んでいくことに。 そんなこんなで忙…

アンサンブルズ東京2020 & 総集編

アンサンブルズ東京2020。 最終年度はオンライン・フルリモートでのワークショップでしたが いよいよその動画が公開されました。 私arkibitoは全動画、家族も一部ワークショップ参加しています。 2015年から2020年までの6年間、 アーツカウンシル東京主催で…

レトロ印刷アンソロジー2 わたしのレシピ

大阪・中津の遊び場、 レトロ印刷さんのアンソロジーの第2弾がいよいよ完成しました。 今回は総勢97名が、 それぞれのレシピを公開したり、 思い出の食べ物について語る手のひらサイズB5判の冊子です。 第1回に続いて、自分と奥さんが参加しています。 自分…

あれから26年 阪神淡路大震災 追悼ウォーク

ブログがなかなか更新できませんが、少しずつ… 本記事もどうにか、3.11までにはと。 時間を1/17に巻き戻しします。 言わずもがな阪神淡路大震災の日です。 この日は毎年、自分なりの弔いとして、 前日の1/16の深夜に出発をして、阪神間を夜通し歩いて、 当時…

祝い膳 & 似顔絵お渡し

記事前後しますが、 この間、半年に一度のわが夫婦の記念日ということで、 祝いの席をいつものお店で。 本当に、何を食べてもおいしい!! いつもいつも、魚好きの長女のために、 いい魚をわざわざ仕入れてく出る大将へのお礼に、 似顔絵をプレゼント。 たいそ…

阿部海太『ぼくがふえをふいたら』原画と新作展 at itohen

少し前の話。 いつもお世話になっているiohenさんへ。 ほぼ毎回、家族で参加しているデッサン教室の先生でもある、 画家・絵本作家の阿部海太さんが、 新しい絵本『ぼくがふえをふいたら』を出版するにあたって、 原画(+新作)の展覧会を開くことになった…

うーばーライド

正月の話。 年末年始にブレーン連中や仲のいい連中と いつになったら呑みできるんかいなあという話が出たが、 全会一致で、やっぱりまだまだコロナに油断はできない、 呑みに行ってる場合でも、大人数で集まってる場合でもない ということになった。 みんな…

六甲全縦 順打ち 2020

2020年のラスト記事です。(やっと…) 2020年の山納めにして、 ほぼ毎年恒例となっている六甲全縦でございます。 文字通り、六甲全縦とは、 神戸市の西端(須磨と塩屋との2起点がある)から 宝塚に横たわる六甲山系を歩き通す 全長約50km(これは公称の数字…

信長を求めて緊急岐阜ショートトリップ

去年の話。 もうじき中学生になる長女は、 まだまだサンタクロースを信じているのですが、 長女の趣味嗜好がとても独特すぎて、 プレゼントを用意する側としては 毎年この時期、相当悩まされます。 というのは、長女はなぜかどういうわけか、 和のものに相当…

つよしゆうこ×高山なおみ 絵本『ふたごのかがみピカルとヒカラ』絵本原画展&トークイベント

12月某日。 いつもお世話になっておるitohenさんで、 銅板画家のつよしゆうこさんと、 料理家で随筆家の高山なおみさんが手掛けた 絵本『ふたごのかがみ ピカルとピカラ』の 原画展&トークショーがあり、 そこに家族で参加してきました。 作品は、ふたごの…

2020年総括

まだ何本か去年の記事が書けてませんが汗汗、 そろそろ1月も終わりというタイミングなので、先んじて、 恒例の総括をば。 2020年はコロナという予想外の未曾有の出来事が世界に巻き起こり、 当然自分の暮らしぶりや活動も多大な影響を受けて、 何もかもが今…

26年目の1.17

昨日は26年目の1.17でした。 毎年参加している三宮の東遊園地で行われる「1.17のつどい」。 随分迷いましたが、今年も参加してきました。 他のことはさておき、こればっかりは… コロナ禍の影響で、今年は竹灯籠の数もぐっと減ってしまい、 逆に紙による燈籠…

『博物館の夜 寺尾沙穂×七尾旅人』 at 京都文化博物館

2020年、どの分野でも、とても苦しく厳しい1年でした。 ことに文化・音楽・劇場といった業界は、 ほとんどその存続すら危ぶまれるほどの危機に瀕しましたが、 そのような状況になればなるほど、 そういった心の豊かさに直結するものの尊さを 感じざるを得ま…

『星の王子さま サン=テグジュペリからの手紙』at 京都春秋座

星々をめぐる銀河航路に降り注ぐ、 可笑しみと哀しみと。 舞台狭しと躍動する身体と、 豊かな音楽によって物語られる、 ロマンチックで慈愛に満ちた極上の舞踏会。 『星の王子さま サン=テグジュペリからの手紙』 at 京都春秋座。 美しく優雅に、愛すべき物…

自由学園明日館 by フランク・ロイド・ライト

11月の東京遠征のテーマ、 『名建築で昼食を』で取り上げられた名建築を巡る。 お次は、西池袋にある自由学園明日館です。 ここは去年夏に訪れた、 兵庫・芦屋にある中邑邸(ヨドコウ迎賓館)と同じく、 世紀の建築家、フランク・ロイド・ライトが設計した建…

現存する最古のビアホール ビアホールライオン銀座7丁目店

11月某日の東京遠征のこと。 せっかく東京に来て、夕方まで時間が余っているので、 どう過ごそうか考えた結果、 今回は大好きなドラマ『名建築で昼食を』で 取り上げられた場所を2つほど訪れることにしました。 まずはお昼ごはんも兼ねて、 銀座7丁目にある…